So-net無料ブログ作成
検索選択

チグハグな麻雀。 [麻雀]

先週の土曜日の桜ヶ丘Welcomeの話。

この日の麻雀はとてもチグハグした。

【南3局。親番。ドラ3。ダントツトップ目】
ようやくやりたい麻雀が形となってきたところ。
4巡目で親満聴牌。

七345①②③④赤⑤⑥⑦⑧⑨

ここからどの形で和了するか、惑わされる。
ピンズにくっつくのはピンフにならない②や⑧。
ドラ3ツモっても事前に対面と下家に1枚ずつ擦れられているので
ペン6待ちになってしまう。
ドラ3をツモ切りした直後、下家が打6。
2巡後自らもツモ6。

上家に「オレの麻雀下手」と嘆いた直後、5ツモ。
3455①②③④赤⑤⑥⑦⑧⑨

落ち着いたのは2-5待ち。
直後対面が打赤5でリーチ。

ロンの言葉和出さなかった。
後ろで見ていたメンバー君が怪訝そうに聞いてくる?

メンバー君:「どうかしたの?」
小生:「愚痴っちゃった後なのであがり放棄してます。」
この局は対面の一人聴牌で流局した。

この半荘はトップを守ったがすっきりしなかった。

【親番。ドラ③】
6巡目、この形になった。

五③赤⑤⑤⑤⑥⑦⑧345566

マンズを引かなかったのには気が付いたが、
6を頭に固定して打5。
これがいけなかった。
直後ツモドラ③で聴牌。

③③赤⑤⑤⑤⑥⑦⑧34566

ドラ③と6のバッタ待ち。

直ぐに対面と下家が打7、打4。
完全なる失敗。

4巡後、上家の打6で事なきを得たが、これもすっきりしなかった。

【オーラス。西家。ドラ五。二本場。】
前々局和了トップの条件だったが親ッパネを振り込んでしまう。
まだ対面が上家とトップ争いの中。

トップ目から、ハネマンを出和了するとトップになれる条件。

發を一鳴きして、マンズの染めてに向かう。
ドラを暗刻にして以下の牌図になった。

一一一二五五五六七七
上家から發をポン發發

上家の打八に喰らい付き、チー。
親が直前に打二としたので、親の現物がこぼれるのを待つ打七。

一一一二五五五
上家から八をチー六七上家から發をポン發發

これがミスだった。

3巡後、上家が思い切って打六でリーチ。

ハネ直を逃す。
せっかく条件がそろったのに・・・

結局上家がマンガンのツモで3着で終了した。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。